千葉の葬儀一押し情報

千葉で葬儀をする時には、葬儀場ではなく自宅で行う事もあります。自宅で行う葬儀について見ていきましょう。

今と昔の葬儀の違い

葬儀に対する考え方は今と昔では少しずつ変わってきています。

故人を偲ぶというところは変わっていませんが、葬儀のスタイルは千葉に限らず全国でも変わりつつあります。

【関連記事】⇒http://mainichi.jp/articles/20160305/ddl/k13/070/003000c

■昔と今の違い

昔は葬儀というと自宅で行う事が多く、親族以外にもご近所さんや遠方から知り合いなどが駆けつけ、盛大に行われる事が多かったように思います。

葬儀の規模がステータスを表すという捉え方もできますが、現在は少子高齢化や核家族化が進んでいる事から、昔のような葬儀はほとんど見かけられなくなりました。

地方では未だに昔のようなスタイルを重視する葬儀が多く見られますが、それもごく一部であって、ここにも核家族化の影響が出ているようです。

■葬儀のスタイル

最近は誰も身寄りがなく、葬儀をしても誰も来ないというケースが増えています。

こういう場合は直葬といって、火葬場に僧侶を呼びお経をあげてから火葬するという葬儀を行います。

千葉でもここ数年直葬はふえており、このまま高齢化が進めば今度も、こういった形の葬儀は増えていくと予想できます。

■まとめ

火葬場で行う直葬でも、葬儀場のセレモニーホールで行う盛大な葬儀でも、基本は故人を偲び見送る事に変わりありません。

しかし現在は直葬が増えているのは事実ですし、遺族も金銭面での負担が大きくなるのを嫌がり、家族葬や密葬をするケースは増えています。

様々な理由から、生きている間に自分の葬儀をする生前葬なども増えており、葬儀のスタイルも様変わりしています。


Categorised as: 様々な葬儀

Comments are disabled on this post


Comments are closed.